人気の高級シャンプーについて

写真

3.安価シャンプーと高級シャンプーの違い

店頭やネットショッピングサイトなどを見ていても、シャンプーの値段帯は非常に幅広く、高級なシャンプーとは反対に安価なシャンプーも多く販売されています。あまり好景気でないご時世では、どうしても安価なシャンプーに目が行ってしまいますよね。しかし、安価だから選ぶというのでは、後々頭皮のトラブルや肌トラブルにつながってしまい、高くつくこともあるので注意が必要です。

この高級シャンプーと安価なシャンプーとの最大の違いはコンセプトの違いです。高級なシャンプーには高くても売れる理由があります。対して安価なシャンプーには安価でなければ売れない事情があります。例えば安価なシャンプーとまったく同じ謳い文句のシャンプーを5000円で販売しても売れませんよね。つまり高級なシャンプーには高級な理由があり、多くの場合その理由は髪や頭皮にとって非常に良いものです。

次に安価と高級なものとの違いとしては、安価な素材を大量使用しているかそうでないかということです。例えばアルコール系の界面活性剤は非常に安価な原料です。この界面活性剤を大量に使用すれば泡立ちが良く使用者が気に入りやすいので、安価に作ってたくさん売ろうとするわけです。逆に高級なシャンプーはアミノ酸シャンプーが多く、泡立ちが優しいものが多いので、「高いのに洗浄効果がない」と勘違いする人も少なくありません。このように高級なものと安価なシャンプーでは使っている成分が違う可能性が高いので、成分表を適切に見分ける知識が必要です。

写真